MENU

採用情報RECRUIT

採用情報トップへ

INTERVIEW

できない事をできると言ったり、
自分を過大し過ぎないこと。

sign_mamiya

工事部 / 2005年入社

間宮 貴史

間宮 貴史Takashi Mamiya

工事部 / 2005年入社

近畿大学 大学院卒業

滋賀県出身

保有資格
  • 1級土木施工管理技士
  • 1級建築施工管理技士
  • 1級舗装施工管技術者
  • 1級管工事施工管理技士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 排水設備工事責任技術者
  • 測量士
なんか僕、いきなりさせられるというパターンが多いんですよ。
就職氷河期にご卒業されたから、就職活動も結構大変だったと思うんですけど。

いや、僕はそんなにしてないです、なんとなく地元の会社へ。

大学院に行かれたのですよね。土木とか建築とかそっちのほうへ行かれたのですか。

土木です、親が土木関係をしてたので。それで僕もたまたまそっちのほうに行ったんですよ、今は廃業したんですけど。

実家を継げみたいな話はなかったのですか。

いや。実際この商売ってやってると借金増えるほうも多いんで。

間宮003
最初はゼネコンとかに就職されたりすることが多いのかなと思うのですが。

そう。それで地元のとこに初めは行ったんですけど。もう家の近く。

最初に入った会社はどうだったのですか。

やっぱり建設業ってきつい世界なんで、初めはしんどいな思いましたよ。こんなんやっていけんのかなと。造成工事をいきなりやったんですよ。大体150mの100m角ぐらいの普通の宅地なんやけど。おれなんにも知らんのに任されて。下請けの職人さんがいい人やったんで、もうその人に聞きもって丁張(ちょうばり)。もういきなり任された。

いきなり任されたのですか。それは大変でしたね。

なんか僕、いきなりさせられるというパターンが多いんですよ。
普通は誰かの下で3年ぐらいはやるものですけどね。僕の場合はあんまりなかったかな。教えてもらうというか、いきなり現場をポンとさせられる。覚えろというか、もうやれみたいな。でもそれで失敗すると大きな損失が出たりして責任を負わされる。そのときは夜も会社に詰めかけてどうしようって言ってましたね。

間宮012
造成は住宅分譲だったのですか。

いや、工場。それで工期がない。まずそんな工期がないところもあってきつかって。正味1カ月しかなくて。今、僕のいる水道工事の業界から見てもほかの一般建築とかはちょっと変わってるというか。

一戸一戸の水道配管工事も入られるのですか

そこ力は入れてないですけど、やることはありますね。でも利潤的なもんもありますしね。建物建築って結構安いから。ほんま個人でやっておられる人とかもいるし。太い管をばんと敷設するほうが自分らのメインの仕事なんでね。

じゃあ建築工事に設備屋として入られることもあるってことですか。

あります。外構工事ですけど。中の仕込みの管は別の専門業者さんがあるんで。うちらは敷地内のとこまで配管を持って来るみたいな。水道引き込みとか下水の引き込みとか。敷地の中の下水を工場とかやったらずっと宅内下水みたいな感じでやりますけどね。

なんか神様が試してるみたいなところはあると思った。
間宮004
山協に入られるまでにいくつかの会社さんを経られたのですか。

2社かな。1社目は設計屋さん行って。おれそこ行っていきなりめっちゃ難しいのやらされるの。みんな逃げて。そういう運命にあるんやろうと思って。

何の設計だったんですか。

いきなり橋の設計せえ言われて。みんな逃げて、俺がせなあかんようになってしまった。
なんかね、試されてるんですよ。でもこれは会社が試してるんじゃなくて、なんか神様が試してるみたいなところはあると思った。僕が一番すごい偶然というのがあるんやけど、機械基礎の工事やったんですよ。機械基礎って機械で10億とかしますやん。僕ら何も知らんから機械の基礎バーン掘ってコンクリートにしますやん。で、鉄板をかぶせるんですよ、ほな鉄板とコンクリートにすき間が空いて、そこに機械の基礎を乗せたら振動でガタガタってもう機械が動かん。ストップするっていうことで苦情が来て。

絶体絶命ですね。

どうしようと思って。10億の機械が据えられへんわと思うて。こんな狭いすき間にコンクリートは流せませんやん。苦情の電話を車の中で聞いてたんやけど、その時ブラウト注入っていう車が目の前を走ってたんよ。それで俺、電話番号こちらまでって書いてあったから電話したってん、こんなんできますかって言うて。
そしたらいけますよって。あのとき本当に良かった、で、すぐに一緒に行ってもらってそのまま、その前の車と一緒にバーっと。あれはなんかすごいな思うて。

すごいグッドタイミングでしたね。

あれは俺すごい今でも覚えてるわ。
機械基礎とかホイストクレーンとかあるでしょう。工場の広いとこで。で流れ作業の機械ってここの高さとこっちの機械の高さとか決まってるんですよ。これ間違えたらどえらいことに。100億の機械とかほんまにあるから。僕らが機械基礎を作った後に搬入しはるときに重量屋がごっついクレーンみたいなのを持って来て、あれがすごいなと思いますよ。

他にどんな思い出がありますか。

そのときの会社でやったんが砂防ダムなんですけど、それがまたごっついやつなんですよ、観光地なんですよ、日野の。高さがあれなんぼあったかな。30mぐらいあったかな。それで横が150mぐらいのダムやねんけど。あれしたときはもうどえらい思いしたわ。あれで怪我して辞めてんけども。

どえらい思いですか。

3mの型枠から落ちて足をギーって引っ張って。太もものとこ型枠のセパレーターでぶりって切って。日野町の観光地なんですよ。石積みがしてあって、春になったらバスで行く。花とかも咲くんで行くとこなんで、僕も見に行くんですけども。あれはえらかった。水を川から流れてくるんですけど。ほかに迂回でけへんからとめることもでけへんし。それはちょっと大変。あれは覚えてるわ。

嫁さんが職安行ってパラパラとやってきてくれた。
間宮008
それで怪我されてそこは辞められて、就職活動で山協へと。

前の会社行ってたときにそこに来てた下請けさんがうちに来いやってずっと言ってはったんよ。
で行こうかなと思ってたんですけど、土木が嫌やって、もう。

でも資格とかもお持ちでしたしね。

そう。やっぱり活かせるのは土木でしょうしね。でも取りあえず、もうそのときは土木の仕事は嫌やって本当に思ってたんですよ。

いろんなお誘いは振り切って。

1社だけね、仲が良い人。本当に良い人やったし。電話しょっちゅうかかってきてて。

ぐらっときませんか、そういうとき。

いや、ぐらっとはこうへんけどどうしようかなと。
ただ割とそのときの考えには良い話にはなんか裏あるとかいろいろ考えるからどうしようと。
で、ほかの工事行ってたときもそこの工場やってんけど、そこの工場の所長もうちに来いと言われてたことあって。
それは全然土木じゃなくて工場の管理の仕事なんやけど、君ならできる、任せられるって。

間宮009
生産管理だと完全に畑違いますよね。

うん、ただ君なら任せられるって。
で、どうしょうかなと思って。
ただなんかあんまり興味がわかんかったので、土木の延長じゃなくて他の所を見てみようって。
それで取りあえず就職活動をしてみようかみたいな感じで。
うちの嫁さんにもうどうしようかなと言って。ほな嫁さんが職安行ってパラパラとやってきてくれた。
「ここ行ったら」って。で、俺たまたま行ったら社長に面接してもらって、もう来てくれていいよみたいな感じで。

一発採用みたいな感じですか。

そうやったんですよ。たまたまかな、分からんけど。
やっぱり行くと言った以上はなかなか断れへんなと思って。断れへんというか行こうと。もうそんな感じですね。

山協に入社されるときはまだ足痛めてて、松葉づえをつきながら。

いや、そこまでは。ガーっと切れてるだけやから、骨までいってないんで縫うてもらって。で、その医療費を前の会社にちょっと言ってたんやけど、医療費を自腹で払えとか言われて。もうそれを聞いて、それなら辞めるわって言うたら、いきなり会社がお金出すしとか言いよって。
今更言うなよ、そんなもんええわって。それもタイミングで、そういうのはきっかけなんですよ。
僕じゃなくてそういう流れになったって、たまたま怪我をするようになったって、それで辞めなあかんってなったって、自然にそうなってたような気もするし。

間宮010
丁張っていうのは杭を打つんです。
そういえばさっきの丁張(ちょうばり)って何ですか。

丁張っていうのは杭を打つんです、高さの基準です。構造物を据えるための基準のやつなんですけど。
これを例えば1キロぐらい道路をしようと思ったら20mピッチで掛けていかなあかんのですよ。
ほんなら杭を1,000本2,000本打たなあかん、杭でこれを水平ラインを水道の勾配とかに合わせてちょっとずつ落としていくとか、ちょっとずつ上げていくいうときにひたすら打つんですよ。

忍耐力の要りそうな作業ですね。

それでそんなん500mの道路しようと思っても1,000本ぐらい打たなあかん。手首も痛なってくると本当ずれるんですよ。

杭を掛けていくときっていうのは何か上からトンカチみたいなカンカン。

そんな簡単なもんじゃなくて。アイスクライマーみたいな。分かります?ごっついやつ。それをひたすら打って高さ出して打って。それでまた重機でとんでまた出してみたいな。あれがもう飽き飽きしてしまうんですよ。分かんないですけど土木工事ではそれはもう当たり前ってことで。また補助整備とかやったら田んぼやったら足ぬかるみでしょう。丁張を運ぶのがまた面倒くさいんです。

なので土木以外が。

あと土木って結構基本や基礎やからみんなするんですよね。土木のほうが工事写真も撮るの多いんですよ。多いっていうかなんかパターンがいろいろあるんですよ。いろんな工種あるでしょう。水道って撮る写真もう決まってるから。掘削・掘り方・配管状況とかも決まってる。あと埋戻しぐらい。ほんなら土木の写真を撮るよりも楽なんですよ。土木って鉄筋の配筋からもういっぱいあるでしょう。で工種がいっぱいあったらいろんなん撮らなあかんでしょう。土木は土の下に埋めてしまうんで。

自己負担したのは時間だけ、お金の面はもう完全サポートで。

間宮006

じゃあ山協に入社されて10年ぐらい経つわけなんですけれども、良かったと思うことは何ですか。

水道を覚えられるので自分の家の修理や工事ができることかな。工事ってそんなせえへんけど一応うちの宅内下水を自分でやったんとカラン替えたりとかそんなんですね。

うちの会社はここがすごいと言える点はありますか。

面倒もみてくれはるとかそういうとこですよね、いろんな意味で。工事の遅れでこっち人足りひんからどうしようとかその辺もあるしね。逆に言えば悪い会社であればお互いの現場を持ってたらそこの現場は知らんわとか。もっと悪く言えば各個人の給料の30で日いくらで割ったとしたと。そこに手伝いに行ったとしたら原価台帳にその人の分がマイナスついてるとかそういうのもあるんです。いがみ合うんよ、お互い。で、例えば給料をいくらこの人はもらってるとかもう分かってくるんです、ほなもうすごい仲悪くなるいうのもあるしね。

間宮007
じゃあその台帳を見たら大体誰がどれぐらいの金額で評価されてるっていうのは分かる。

うちは分からへん、分からないようになってる。

山協に入社される前から土木の資格はお持ちだったと思うんですけども

ありました、2つほど。それ以外は後で取ったんですわ。会社としては結構応援してくれはるんで。

なかなかそれって珍しいなと。

そうですね。資格を取っていきたいという人もいはりますからね。そういう人にとってはいいですね。やっぱり資格っていうのは仕事で活かすための資格やと思いますんでね。
これだけで食っていけるっていうよりはこれを自分の武器にして、それで自分のできるだけいい条件のところで仕事をするっていう感じやと思いますんでね。

こういう資格も沢山テキスト買ったりとか学校通ったりとかあるんですか。

そういうのはさせてくれはったんですよ。1級建築施工管理技士とかも。学校が草津に駅前にあるんですよ、裏手に。そこの学費とかそういうのも出してもらえる。あと試験を受けるときも多分受験料とかがかかるんですよね。それも出してくれはったんで。

逆に言うと自己負担したものって何があるんですか。時間ぐらいですか。

時間ぐらいです。お金の面はもう完全サポートで。

資格を取ると全部手当は出るんですか。

ちゃんと見てくれはりますね。受かったときと、月々で。
ベースアップとか、給料的な面も見てくれてはると思いますよ。

勉強をされるときは大体どんな感じでされるのですか。

僕は朝。朝5時ぐらいに起きて、30分か40分か。
ビデオを流して見ながら、本を読んで。

山協に入ってから取られたもので一番難しかった資格っていうと。

1級建築施工管理と1級管工事。3~4カ月、朝起きて30分くらいぱらぱらっと。
でも仕事でやってて知ってるのもあるから。

いつも何時ごろ帰られるのですか。

9時ごろかな。

一日のタイムスケジュール
06:00
起床
07:00
出社 現場段取 工事
12:00
昼食
13:00
工事
18:00
内業
21:00
退社
23:00
就寝
自分の目で見ると自分の目でしか見れへんこともありますやん

間宮005

就職活動で建設業界を目指される方へのアドバイスはありますか。

できない事をできると言ったり、したこともないのにやったことがあるとか、自分を過大し過ぎないことやね。そういう人が多いんですよ、ハッタリ利かすみたいな。
それでハッタリ利かして、じゃあ任して実際できんかったってなって、それで辞めていく人のほうが多いんですよ。
下水やったことあるんですかって聞いたら、あるって言うから高さを見てもらったら計算めちゃくちゃで。そしたらいきなり「現場監督が高さを見るのって初めて聞いた!」って怒りだしたりとか。技術屋って何かプライドが高いから。

間宮011
新卒で就職活動をされている方へのアドバイスはどうですか。

大学の人は無色透明で入られると思うんで。でも大学で土木とか行ってる人やったらその道でいこう思って来るやろうし。
もう大学入った段階で道は決まると思うんですけど。土木の仕事をしようという覚悟は持っといたほうがええかもしれないです。

あと良い会社を選ぶときのポイントはありますか。

それは嫁さんに任すほうがいいと思う。自分の目で見ると自分の目でしか見れへんこともありますやん。第三者の目というのも参考になるところはあると思います。

じゃあ今のところは奥さんのアドバイスに従ったら成功してきたみたいな。

そう。うちの嫁さんはどっちかいうとセンスがあるんで。

奥様に全て委ねるのってちょっと怖い感じもしますけどね。

それが僕のあんまり考えてへんとこで。